第27回国民文化祭・とくしま2012 阿波藍×未来形プロジェクト 阿波藍アートプログラム I am 藍, We are 藍. AWA-AI ArtProgram'I am AI,We are AI'

What's New  全て見る
Twitter
top_img

阿波藍とは、徳島で製造されるすくものこと。今も日本の藍染めを支える天然藍染料です。
阿波藍アートプログラムを提案するローランド・リケッツは、徳島で藍栽培とすくもづくり、藍染めを学びました。藍に関わるさまざまなプロセスを活かした創作活動が彼のスタイルとなっています。阿波藍への感謝をこめて、ローランド・リケッツは言います。

 徳島の土で“藍葉”を育てる栽培農家
 藍葉を“すくも(阿波藍)”に仕上げる五軒の藍師
 そのすくもから“美しい色”を巧みに染め上げる全国の染師
 染め上げられた美しい色に“感動”する人々
 この一人ひとりがいて、みんながいるから、いま阿波藍があります。
 I am 藍, We are 藍.

今回のアートプログラムでは、徳島を旅出った阿波藍から染め出された藍の色が、生まれ故郷である徳島に再び集まります。「移動展開」と「屋内展示」、それぞれ異なる大型インスタレーションを構成する藍染めの布(2m×1.6m)200枚以上は、徳島のすくも(阿波藍)にこだわる全国の染師の協力によるものです。